スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルなカバルカカイリューハッサム

2回目の構築記事投稿です

今回紹介する構築は1ヶ月くらい前に作った構築で最近は別の構築を使っていたのですが、わけあってこの構築を引っ張ってきて九尾杯に参加させていただいたのでこの機会に構築記事を書こうということになりました。その九尾杯では予選6勝1敗10位通過、決勝トーナメント1回戦シードの2回戦落ちのベスト16。レートではたしか1950くらいまでしかいけなかったです。



はい、というわけでシンプルなカバルカカイリューハッサムです。とりあえず1回使ってみたいなーって思った構築で、そこにさらに作った当時流行りだしたニンフィアとゴツメアローをぶち込んだだけのPTです。

また、この構築を組む際にはTwitterで普段から仲良くさせていただいているむくれねこさんの構築をかなーり参考にさせていただきました。むしろほぼパク(ry
なのでむくれねこさんの構築の方もURLで載せておきます。
むくれねこさんのやーつ


では、個別解説に移りたいと思います。
(ふつうすぎて余り言うこともないけどw)



<個別解説>
カバルドン@オボンの実


慎重 すなおこし
実数値:215-132-139-×-136-67
努力値:252-0-4-0-252-0
技:岩石封じ、ステルスロック、あくび、ふきとばし

ステロぽんぽんぽーんってしてあくびしてれば強い(てきとー
若干出しづらいけど、出せば活躍はしたイメージ
カバ入りに対して初手で出て来て挑発して来そうなやつら(ボルト、ギャラ、アローなど…)に対して打てるように地震ではなく岩石封じを採用
個人的には相手があくびされても気にせず居座って寝てしまい、なおかつカバルドンを倒しきってくれないってパターンが辛かった(吹き飛ばしても催眠ターンはリセットされなくなり、こちらが交代して舞おうとしてと最速おきのリスクがつきまとい、カバ自身の打点は岩石封じしかないため)
砂については一長一短ですが、後半になって砂ダメで削れていて助かったという場面も少なくはなかった



ルカリオ@ルカリオナイト


陽気 せいぎのこころ→てきおうりょく
実数値(通常時):145-162-91-×-90-156
実数値(メガ時):145-197-101-×-90-180
努力値:0-252-4-0-0-252
技:飛び膝蹴り、アイアンテール、しんそく、爪研ぎ

エース枠1&メガ枠1
突破力としてはインファイト噛み砕くしんそく剣の舞などの型の方が上だが、後だしからのマリルリやフシギバナを爪研ぎアイアンテールで吹き飛ばせるようにこちらの型を選んだ
しかし、クレセドランなどに受け回されるのも辛かったため前者のような構成でもよかったかもしれないと今は思っている
最近の環境だとスカーフのガブリアスやランドロスが増えているためそもそも動かしづらいかもしれないとは思うが、逆に相手にスカーフ地震を撃たせることで裏のカイリューでそこを起点に2度舞って全抜きということも可能なので立ち回りでカバーはできる
正直メガ枠ではハッサムの方がいい場面が多く選出率はそこまで高くない
ダウンロード対策で残り4はDに振った方が良くね?って思う人もいるかもしれませんが、ルカリオにポリ2後投げする人なんてまずいないしメガ進化後ならBの方が高いし問題ないと思います(忘れてただけ



カイリュー@命の珠


意地っ張り マルチスケイル
実数値:167-204-115-x-120-132
努力値:4-252-0-0-0-252
技:逆鱗、しんそく、地震、龍の舞

エース枠2
ガチつよぽっこも、うまく起点作ってこいつで舞えればほぼ勝てるのではないかってレベル
カイリューに珠を持たせると前のポケモンが倒しきれなかったところをしんそくでトドメさしてから戦おうとした時にマルチスケイルが潰れるというデメリットがあるが、このPTはカバのステロと砂がありなおかつカバ以外全員先制技持ちなのでそんな事態には1度もならなかった
メガ枠を使わないエースってところも選出しやすくてGOOD
強い(確信)



ハッサム@ハッサムナイト


意地っ張り テクニシャン→テクニシャン
実数値(通常時):175-192-122-×-101-93
実数値(メガ時):175-214-162-×-121-103
努力値:236-196-12-×-4-60
技:バレットパンチ、はたき落とす、剣の舞、羽休め

エース枠3&メガ枠2
こいつもガチつよぽっこも、高いし火力あるしつえ~わ~ってなる
調整は残念ながら昔考えたから忘れてしまった←
Sをそこそこ割いてるのでミラーには強めだが、はたき落とすを採用してるため泥棒マンには勝てない
だが、はたき落とすで相手の道具をなくすメリットが大きすぎるため技構成はこれで問題ないと思う
強い(確信) #数分振り2度目



ニンフィア@突撃チョッキ


ひかえめ フェアリースキン
個体値:31-×-31-30-31-30(めざ炎理想個体)
実数値:201-×-96-159-151-87
努力値:244-×-84-120-4-56
技:ハイパーボイス、サイコショック、めざめるパワー炎、電光石火

使ってみたかった枠1
ハイパーボイス撃ってればそれだけで強かった
これまた調整は昔のことなのでイマイチ覚えてないけど、どこかのブログからパクりました←
たしか通過ハッサムに対するハイパーボイス→メガハッサムに対するめざ炎で確定、鉢巻ハッサムのバレパン耐えとかそんな感じだった気がします(てきとー
先ほど言ったとおりクレセドランが重めだったりするので、さすがにめざめるパワーは地面の方がよかったかもしれない(作り直すのがめんどくさかったとは言えない)
カバルカカイリューハッサムで辛いゲッコウガ等、その他こいつで見たい相手は多いので選出機会は多かった
このPTの他のメンツが軒並み物理でこいつだけ特殊ってのもデカイ
だがしかし進化にポケパルレしないといけないのはマジでクソ、何が嬉しくておっさんが夜中に真顔でイーブイ延々となで続けないといけないんだマジでクソクソ&クソ



ファイアロー@ゴツゴツメット


陽気 はやてのつばさ
実数値:175-102-123-×-90-171
努力値:172-4-252-0-4-76
技:ブレイブバード、鬼火、挑発、羽休め

使ってみたかった枠2
こいつは思考停止で何してればいいとかはないけど、うまく使えればとても強かった
調整はH175(16n-1)・Bぶっぱ・Sガブリアス抜きをしたら努力値が16余ったので、ガブリアス抜きのファイアローを抜けるようにSを1のばし残りをADに4ずつ振り分けた
止めれる相手は完全にストップできるのは素晴らしい性能の高さ
このPTだと物理アタッカーで不利な相手(マリルリ、バンギラス、ガブリアスなど)に対しても鬼火→挑発で退場して裏で起点にできるため相性がとても良かった
そこで鬼火外しはコラコラコラコラ~ッ!(`o´)
物理受けとしても起点作りとしても出せるのは便利だった



<PT総評>
シンプルな構築なのである程度のラインまでレートを上げるのはとてもやりやすかった。だが、逆にやることが丸見えなので1900超えてきたあたりから途端に勝つのが難しくなった。最近の環境では、作った当初より使いづらくなっているかもしれないが、単体性能が高いポケモンが揃っているためそこそこは戦えると思う。





さて、最後に
なぜ今回僕がしばらく使っていなかった構築を引っ張ってきたかと言いますと、今使っていた構築を隠したかったからなんです。
その理由は第27回シングル厨の集いオフと第11回キツネの社mfへ参加させていただくことになって、その構築を回していたことです。対戦オフは初参加になるので精一杯ぶつかって来たいと思いますので、同じく参加する方々はよろしくお願いします。

また、次回の更新はそのオフでの使用構築の紹介とオフレポになると思います。


ではではまたの~~~ノシ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

badviolist

Author:badviolist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。