スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なりの構築の組み方

また結構真面目なポケモン記事です



Twitterで仲良くしてる方々と話していると、みなさんその人それぞれ作る構築は全然違います

軸を作って補完を考える人、綺麗な6匹の並びを作って受け回す人、常に同じ軸で周りを変えながら作る人、2本の軸を用意して出しわける人…etc

その人それぞれの特徴がでていて、どれが正解ということもないと思います

その中でも他の人と話していると僕の構築は独特だ、癖が強い、などという意見をもらう事がたびたびあります

そこで、僕がどのように構築を組んでいるのかを記事として形にまとめようと思いました

僕程度の実力の人間の構築の組み方が他の人の参考になるかと言われると( ◠‿◠ )うーむって感じですが、他の人がどのように構築を組んでいるのか気になるという方は結構多いのではないでしょうか?

そういう人が「ふーん」という程度にでも読み流してくださればいいなと思います

では、前置きはこの程度にして実際に内容に入らせていただきます




まず、僕が構築を作る上で常に心がけていることがあります

それは「サイクル戦に持ち込ませない」ということです

なぜかというと、単純に僕がサイクル戦が嫌いだから

サイクル戦はどんなにこちら優勢の状態で回していても終盤の思い切った相手の1手とかでひっくり返されることがあり、かなり相手の立ち回りに依存する面がありどうしても好きになれません

なので相手にサイクルを回させない、ということを徹底してできる構築を組むように心がけています

では、具体的にどのような構築なら相手にサイクル戦を回させないか

それに徹した構築を指す言葉で僕が好きな表現があります

それは「相手の土俵の上で戦わせない」という言葉

手段としては相手を完全に嵌めるという方法や超火力でサイクルを回させないという方法など様々でありますが、一貫して相手のペースでは戦わせずにこちらのペースで戦うようにしやすい構築にしています

では、具体的に僕が作った構築の中でわかりやすい次の3つの構築を見ながらどのように組んでいるかを紹介します

(注)ここから先は至極普通のことしかありません
これから対戦に手を出そうかと考えている人の参考にでもなればと思って書いています

6世代式レパドーメタモン
バンドリヤミゲン
脳筋リザガブ


まず、対戦の上での支配力が高い2~3匹の軸を決めます

①の場合はレパドーメタモン、②の場合らヤミラミゲンガー、③の場合はガブリザXがそれに当たります

ここの具体的な中身を考える上では実際にその構築を使った人のブログ記事などを参考にすることが多いです

作る段階ではわからない、どういう相手が出てきやすいかなども考慮した上での型を見ることはとてもためになります

そして、この軸が苦手とするポケモンをピックアップします

具体的には①の構築に対するこの記事みたいな感じ

次にピックアップしたところに対して強い取り巻きを考えます

①・②ではそれがバンドリというもう1つの軸になり、③では単体ずつの補完として入ってきているようにここでの決め方にこだわりはあまりありません

この段階でも、実際に使った人のブログ記事はいい参考になります

その人が何を考えてその取り巻きを選んだのか、そしてその状態だと何がきついのかなどを知ってから考えるとよりよい自分なりの取り巻きが決めれると思います

そして大事なのがこの次

6体の構成も含めて全て決めて実際にPTを作ったら、ひたすらレートに潜ります

自分の中で6匹バランス良く組めたつもりでも、最強の組み合わせなんて存在しません

考えている段階では見落としていた重いポケモンがいることも多々ありますし、実際には相手も6匹いるわけですからこの組み合わせでいるときついというものも出てきます

そういったところをチェックするためにもひたすらレートで回す→改善するということを繰り返す作業は絶対に必要だと思っています

もちろん自分で使ってみることで慣れるということもあります

このひたすら回すという作業をして満足のいったところで完成(逆に回してあまりにも多くの欠陥があることに気づいたところで解散)と言えると思っています

たまにオフなどで「直前まで構築決まらなかったWWW」とか「その場で急遽構成変えたわWWW」などと言っている人を見ます

それで勝てるのならすごいとは思いますが、本当にそれはベストが尽くせていたのか?と聞きたくなります、実際にそうだったのかはともかく負けた時の言い訳というか予防線を張っているのか知りませんが

あっ、disじゃないです

少なくとも僕はそんなことはしたくないので、ひたすら回します

具体的には1シーズン1000~1500試合くらいはレートに潜ります(暇人とか言わないでください死んでしまいます)

それくらい潜って自分の中で満足のいく構築が組めたらそれは自分の中での自信にもなりますし、結果が残せたらよし、結果が残せなくても何がダメだったか次に生かすことができる状態になっていると思います

あとは、僕はフレ戦とその後の感想戦を重要視しています

どんなにレートに潜っても対戦相手の考えはわかりませんが、フレ戦では見せ合いで感じたこと・どのように見えていたか・あの場面ではなぜあぁいう行動をとったのかなどを知ることができます

この意見の出し合いはお互いにメリットが大きいので、相手に迷惑かも…とか考えずにどんどん募集していきましょう

こうやって実践を重ねることで自分に最もあった構築が出来上がるはずです!




この辺で今回の記事は終わりにしたいと思います

記事として実際に文字に起こしているとほんと自分の構築の作り方の薄っぺらさに気づいてしまい悲しくなってきました……

次の更新が構築記事かはわかりませんが、また次の記事で会いましょう~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:badviolist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。