スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レートシーズン9お疲れ様でした

今日でレートシーズン9が終わりましたね

ひとまずお疲れ様でした

僕は今シーズン、真皇杯が終わり余裕ができたこととスペシャルが爆速シングルだったということで総合レートにチャレンジしました

ひとまず使用構築一覧と結果報告

<シングル&スペシャル>
TN5.png
シングル最終レート:2101
シングル最終順位:111位
スペシャル最終レート:1759
スペシャル最終順位:106位


<ダブル>
TN6.png
最終レート:1851
最終順位:279位

<トリプル>
TN7.png
最終レート:1700
最終順位:213位

<ローテ>
TN8.png
最終レート:1600
最終順位:177位

<総合>
最終&最高レート:9011
最終順位:18位
最高順位:11位


もっかんの画像4種類変えようかと思ったけどめんどくさかったんや許して

シングルは構築記事あげてから別の構築を使いましたが、あとは一貫して上の構築を使ってました
シングルの最後使った構築はまだあんまり使ってないから紹介はまたいつかw
構築名だけはすでに決まってます、「ジャローダ軸状態異常撒き構築 ver.3」です #またそれか #芸がないな

ちなみにシングルの構築はこの記事で、他のルールはすべてパクリなので紹介は割愛

数字で見ての通り、もともとメインでやっていたシングルで稼いでいるだけで他のルールは全然ダメな総合勢もどきでしかなかったです
初めはローテだけは勝てて勝率9割くらいあったのになぜか突然勝てなくなり連敗連敗……やはりどのルールも難しいです

それでも今期目標であった総合レート9000&シングルレート2100を達成できたこととだいたい総合2ページ目をキープできたことはうれしく思います

心残りがあるとすれば瞬間最高でも総合1ページ目に名前を乗せれなかったことでしょうか
次また挑戦する機会があればそこを目標にしたいですね、その時にはシングル以外を相当練習しないといけませんが

次のシーズンではまたシングル一本に絞ってやっていきたいと思います

それでは改めてレートシーズン9お疲れ様でした
レートシーズン10及びどっかのオフでお会いしましょう

続きを読む

スポンサーサイト

【真皇杯ラスチャレ・第1回K-off使用構築】 ジャローダ軸状態異常撒き構築 ver2

~3月のとある時期~

僕「TLのぽけ勢ども『素催眠ふざけんな!素催眠死ね!』ってうっせぇなぁ…」

僕「そんだけ文句言ってるってことは打たれたら困るってことだよな…」

僕「相手が困ることをするのは対戦ゲームの基本です。やりましょう。やるしかない。」



催眠ゲンガーを使う上で、さすがに僕もただ打って強いとは思えなかったのでどうやったら最大限生かせるかを考察。
その結果、麻痺を撒く→身代わり連打→痺れたら祟り目で処理→催眠術2回で当てに行ったり普通に倒したり、という展開を基本とすることに決定。
そこからメンツを考えたら、前回同様ジャローダ・ゲンガーを基本軸とした並びが完成。

この構築は3月の終わりに行われた真皇杯ラスチャレにあわせて組み、そこからずっと使い続けて先日行われたチーム戦のオフである第1回K-offまで使用しました。
まず真皇杯ラスチャレが第1ラウンド6-3で2位抜け、第2ラウンド4-0で1位タイ(4-0が2人でて予選抜けが確定したため最終戦未消化)抜け、決勝ラウンド1-3落ちで真皇杯出場ならず。
K-offはふだんから仲良くしてもらっているむくれねこさん・じるぽけさんとチームを組んで出場しました。結果は個人3-1チーム2-2で予選2位抜け、決勝トーナメント1回戦で個人負けチーム負けで敗退しベスト12。
悔しい結果とはなりましたが、2回とも予選抜けできたので自分の中では良い結果だったかと思います。

今回のトレーナーカードの画像がもっかんではないことにはお気づきですか?
K-offに『冴えない彼女の育てかた』からチーム名および参加名をとったので、僕の参加名である加藤恵ちゃんの画像にしました!
あぁ^~加藤ちゃんかわえぇんじゃあ^~

はい、では個別解説に移ります。
(注)今回は催眠ゲンガーに関する考察もはさんでいるため少し長いです。




<個別解説>

fc2blog_20140504072449e87.jpgfc2blog_20140504072502bbe.jpg

ゲンガー@ゲンガナイト
臆病 浮遊→影ふみ
実数値(通常時):135-×-81-182-95-178
実数値(メガ時):135-×-101-222-115-200
努力値:0-0-4-252-0-252
技:祟り目、ヘドロ爆弾、催眠術、身代わり

今回軸に据えた催眠ゲンガー
記事冒頭で触れたように、身代わり連打から展開してゆく今回のエース

催眠ゲンガーを使う上でまず道具を考える
祟り目で倒せる範囲をなるべく広げることと身代わりを貼ることを意識してメガ石か珠に絞る
今回その結果メガ石にした理由は「相手を逃がさない」ことを重視してのこと
催眠術を当てた後相手に引かれると、素の祟り目2発で倒せる相手に引くわけがないので催眠術をもう一度当てないといけなくなる
そうなった時2連続で当てる確率は36%とかなり不安定なものになってしまうため対面の処理したい相手からしっかり処理し、次出てきた相手には催眠を打つべきかしっかり判断しながら扱うことを意識する形をとれるようにした

努力値振りに関しては、上から殴れる範囲を最大限広げ、祟り目で倒せる範囲を最大限広げようと意識してCSぶっぱ
技は何度も言っている採用理由から祟り目、催眠術、身代わりまで決定し、残り1枠
身代わりを残した状態で催眠術を打たなくても2回殴れる相手を多くすること、命中安定、他5匹を決めたうえでのフェアリーへの打点の少なさを意識してヘドロ爆弾を採用した
催眠術より他にほしい技があれば当然変えた方がいいのだが、特にほしい技はなかった

余談だが「ゲンガーの催眠術はガルーラ対面で打つ」という話をTLでよく見かけたが、それに対して疑問を抱いていた
ガルーラに対して催眠術を当てたとして、起きるかどうかの運ゲー、不意打ちを打つかどうかの択ゲー、倒せるかどうか(珠気合玉でも耐久に振られていたら低乱数)、を潜り抜けて突破することが必要となり、交代してくれないと厳しくなる
どうせ道連れを押すのであれば催眠術よりも他に採用したい技があるだろうと考えられる
スタンパにおける考え方は違うのかもしれないが、少なくともこのようなギミック構築ではこのような型にしてガルーラに対してはなるべく引き先を用意した方がいいだろう



fc2blog_20150314223518dbb.jpg

ジャローダ@気合いの襷
臆病 天邪鬼
個体値:31-×-30-31-30-30(めざ岩個体)
実数値:151-×-115-127-115-180
努力値:4-0-0-252-0-248(努力値4余り)
技:リーフストーム、めざめるパワー岩、ミラーコート、蛇睨み

ゲンガーのサポート役
ジャローダを採用した最大の理由は身代わりを貼れる回数にある
ゲンガーは回復アイテムを持っていないため身代わりを4回しか貼ることができず、その間に麻痺した相手が痺れてくれる確率は68%とあまり信頼のおける数字ではない
しかし、その上でジャローダの前で動き突破する確率となるとどうだろうか
襷のジャローダを2回の行動で突破できるポケモンと仮定しても82%となり、だいぶ確率が上がる
そのため「麻痺撒き要員でありながら、そいつの前で痺れたらそのまま突破する力を持ったポケモン」であることを意識してジャローダを採用した

技構成はコンセプトからリーフストームと蛇睨みが確定
残りは他のポケモンを決めてから考え、最終的にウルガモスへの突破手段に乏しいことを意識してめざめるパワー岩を採用
最後に面倒なポケモンをまとめて処理しやすい便利なミラーコートを採用した

努力値振りは個体値に合わせてCS振り、余りは地球投げ3耐えのためにHへ
Cを1削ってダウンロード対策をとることも考えたが、ダウンロードポリゴン2にミラーコート打った時にCが上がっていないトライアタックだと倒しきれないためあえてしなかった



fc2blog_201406191148370e7.jpgfc2blog_201406191149280bd.jpg


リザードン@リザードナイトX
意地っ張り 猛火→硬い爪
実数値(通常時):153-149-99-×-105-152
実数値(メガ時):153-200-132-×-105-152
努力値:0-252-4-0-0-252
技:フレアドライブ、逆鱗、ニトロチャージ、剣の舞

今回のメガ枠2
今回のゲンガーがどんな相手にも出しやすい型というわけではないためもう1匹メガ進化ポケモンを入れることを考える
ここで、表が麻痺撒きが基本のため電気タイプに強いポケモンがよく、また相手のメガゲンガーに強く、ゲンガーと違い物理エースになれるポケモンということで採用

ジャローダが出てきてから身代わりゲンガーが増えた気がしたので、ニトロチャージを積む型を採用
龍の舞ではないため火力補強のために剣の舞を採用、これで相手の受けループにもかなり厚くなる
残り2枠はメインウェポンとしてフレアドライブと逆鱗を採用した

努力値振りはASぶっぱ、陽気にするメリットも多少あったが今回は火力を重視して意地っ張りで採用した



fc2blog_201404191954363ac.jpg


カバルドン@ゴツゴツメット
腕白 砂起こし
実数値:215-132-187-×-92-68
努力値:252-0-252-0-0-4
技:地震、氷の牙、あくび、怠ける

ゲンガーのところでも述べたようにガルーラに対する引き先が必要となり、バシャーモなども受けたいことやリザードンとの相性を評価して採用
クレセリアなどの他の物理受けと違い、グロウパンチからの捨て身タックルをくらっても砂ダメで処理できる点も評価が高い

技構成はゲンガーが苦手なバシャーモやギルガルドなどを殴れるように地震、リザードンが苦手なガブリアスやランドロスを殴れるように氷の牙、回復技の怠けるまで決定
最後の枠は受け出しする→あくびで流す→もう一度あくびで流す→役割対象が戻ってくるところで怠けるという形がとれる点を評価してあくびを採用
相手が交代してこなかったとしても、ゲンガーやリザードンで起点にできるためシナジーがいい
吹き飛ばしを採用できないため身代わりに弱いが、リザードンがニトロチャージ持ちなのでそのあたりでカバーしていく

努力値振りは調整するほど数値に余裕がないためHBぶっぱ、あまりは同族意識でSに振った



fc2blog_20140506214402891.jpg

化身ボルトロス@ジャポの実
控えめ いたずら心
個体値:31-×-31-31-31-24(厳選産非理想めざ氷個体)
実数値:175-×-93-184-100-146
努力値:164-0-20-180-0-144
技:10万ボルト、めざめるパワー氷、草結び、電磁波

麻痺撒き要員その2
ジャローダが出しづらい時に出す電磁波撒き
初めは相手のボルトロスを意識して前回の構築同様にライコウを採用しようと思ったのだが、相手のマンムーが非常に重くなってしまうためジャポボルトを採用した

ジャポボルトを使う上でふだんから仲良くしていただいている赤うさぎさんの型をお借りしました(個体値の関係で少し調整が変わっています)
ジャローダと違い突破力に欠けるが、いたずら心もあって確実に仕事をしやすいため、役割対象に合わせて投げていく形になる
5世代と違いめざパの威力減少で最速を保ちながらこの調整ができないのが悲しい

技構成は型のところから10万ボルト、めざめるパワー氷、草結び、電磁波で確定



fc2blog_20141010130938b6e.jpg

スイクン@カゴの実
図太い プレッシャー
実数値:205-×-154-121-136-124
努力値:236-0-36-84-4-148
技:熱湯、凍える風、瞑想、眠る

ここまでで面倒な耐久型のポケモンなどを起点にしていける枠として採用
チームメイトのむくれねこさんから理想個体をお借りしました

型自体もむくれねこさんから紹介していただいたもの
A200ガブリアスの逆鱗を4.7%切り2耐え、Sを準速ガッサ抜き抜き、残りC、端数D
HBラインを必要最低限(対面からガブリアスに勝てる程度)に抑え、残りをCSに厚くすることで積んで突破していく力を高めた型

技構成は耐久型を起点にしていけるように瞑想・眠る、攻撃技は威力以上に追加効果が大きいこととゲンガーの祟り目との相性も考えて熱湯、最後に対面からガブリアスに勝てるように凍える風を採用

メガエースで突破しきれなかった最後を詰めていく要員として活躍した




自分にしてはきれいな並びになり、結果を見ても強い構築になっていると思っている。催眠ゲンガーを生かすというコンセプトもあって自分有利に確率を動かしているため、そこの少ない確率を突破されることがある、有無を言わせずしっかり勝つということがしづらいことが欠点としてある。しかし、逆に言えば厳しい展開になっても運ゲーを仕掛けることができるということであり、そこの釣り合いを見れば悪くないと考えられる。



<おまけ1>
「そんなきれいごと言ったって、結局のところ催眠術ぶっ放さないといけないことが多いんじゃねぇの?運ゲー乙」という意見も多くあると思う。実際使っていて、慣れれば慣れるほど「寝かせれば勝ちじゃね?」といった悪い考え方をしがちになる。なので常になるべく安全に戦えるルートを意識し、催眠術を打つべき場面かどうか見極めることが大切になる。



<おまけ2>
ゲンガーの項目で触れたとおり、スタンパにおいては催眠ゲンガーについても変わることがある。ふだんから仲良くしていただいているTKさんがスタンパにおいては僕とは逆の考えを持っており、それを記事としてまとめてくださっているので、参考までに読んでみてほしい。非常にわかりやすくまとまっていて、参考になります。
TKさんの記事



それでは今回の構築記事はこれで終わりになります。
最後に!K-offで一緒に一緒にチームを組んでくれたじるぽけさんとむくれねこさんの心からの感謝を述べさせていただきたいと思います。2人のおかげで予選抜けできました、本当にありがとう!
そんな心強い2人のチームメイトの記事も紹介したいと思います。
ORAS2担当のじるぽけさんの記事
BW担当のむくれねこさんの記事

それではまた次の記事でお会いしましょう~
プロフィール

badviolist

Author:badviolist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。