スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第30回シングル厨のつどいオフ使用構築】メガチル入り受けループ"気味"構築

あけましておめでとうございます、ばっどです。

ろくな記事はないかもしれませんが、『ツボツボは焼いたらうまい』をよろしくお願いします。(新年一発目として書いていたクソ記事をなかったことにする構え)

さて、今回は2015年最初のオフとして第30回シングル厨のつどいオフに参加させて頂いたのでそれの構築記事となります。

使用した並びはこちら!

無題

はい、メガチルタリス入りの受けループ"気味"構築です。
なぜ"気味"なのかは個別解説で説明します。

組み始めたきっかけは、友人から「メガチルタリス入りの受けループが面白そうらしいんだよね~」と聞いたこと。それだけ。
特に他に作りたい構築もなかったのでそこから自分なりに考えて組んでみました。
また、組む上でくーるじーさんのXYでのこの記事を非常に参考にさせていただきました。

オフの結果としては5勝5敗の予選落ちでした。
僕の予選グループは6勝4敗でも予選抜けが出ていたので後一歩届かずという感じもありますが、実際のところはグループ全員がかなりせった結果だったため完全に実力不足だと感じました。


それでは個別解説に移りたいと思います。

いつも通り採用順に紹介していきます。




<個別解説>



チルタリス@チルタリスナイト
図太い ノー天気→フェアリースキン
実数値(通常時):175-×-156-90-125-108
実数値(メガ時):175-×-178-130-125-108
努力値:196-0-252-0-0-60
技:ハイパーボイス、毒々、リフレッシュ、羽休め

今回の組み始める軸となったポケモンだが、受けループの穴埋めみたいなポジション
重くなりがちなエルフーン・グライオン・キノガッサといったポケモンを身代わり貫通ハイパーボイスで有利を取り、ヤミラミ(メガヤミラミ)・ブラッキー・バルジーナなどにも圧倒的な強さを持つ

初めはハイパーボイス・大文字・コットンガード・羽休めという技構成で使っていたが、コットンガードを積む機会がほとんどなかったことと相手の耐久型ポケモンを突破する術が少なかったことを考慮して毒々に変更
次に、相手の耐久型ポケモンに毒々をお互いに入れあった時面倒だったため試しにリフレッシュを採用してみたらとても便利だったため採用、泣く泣く大文字を切った
元々鋼タイプとは相性が悪くまた大文字でも一撃では落とせない相手が多いため、ポリ2やサンダーやクレセリアなどに安定して役割を持てるほうが重要だろうと考えた
(癒しの鈴ではなくリフレッシュを採用したのは、発動させたグライオンの毒を治してしまうのが嫌だったからであり、どちらを選ぶかは諸説ある)

調整は特にはっきりとした対象を意識したものではなく、ただのH16n-1、Bぶっぱ、残りをSとしたら4振りロトム抜きになったしこれでいいやーと言った感じ
まだあまり研究されていないポケモンであるため、この辺りに関しては改良の余地が多分にあるだろう
特にこの振り方だと相手のメガボーマンダやガブリアスがハイパーボイスで中~低乱数という悲しい火力であるため、Cに回したいという思いもあった

ちなみにメガ進化前の特性をノー天気にしたのは初手ポリゴン2と対面した時に毒々を入れても自然回復させないため
初めは自然回復にしてメガしない立ち回りも意識するようにしていたが、リフレッシュを採用してからはその必要がなくなりノー天気にした





ポリゴン2@進化の輝石
生意気 ダウンロード
実数値:191-100-114-125-159-72
努力値:244-0-28-0-236-0
技:八つ当たり、冷凍ビーム、電磁波、自己再生

受けループの特殊受け枠
受けループの特殊受け枠なら同じタイプでより耐久指数の高いラッキーやハピナスの方が良いのではないか?という意見もあるが、僕は6世代に入ってからの受けループの特殊受けはラッキーには任せたくないと考えていた
その主な理由はメガサーナイトとメガリザードンの存在である
まず、メガサーナイトはサイコショックがあるためラッキーでは受け切れず、受けループ全体としてメガサーナイトが重くなりがちである
次に、リザードンはメガ進化するまで物理か特殊かわからないため、リザードンにラッキーを後投げしてXだったりするとその時点でゲームセットになり兼ねない
これらの問題点をカバーできる特殊受けの存在を考えていたら、前述のくーるじーさんの記事のポリゴン2の存在を思い出した
このポリゴン2は八つ当たりを採用していることで、メガサーナイトや流行りの瞑想ニンフィア、ウルガモス、瞑想ライコウなどに強く、また今作強化されたゲッコウガやサザンドラなどを数値受けすることができる
ギルガルドは特殊型だったら受けることができるのだが、毒みが型にはハメられてしまい、物理型に対しては打点がない関係で剣の舞の起点にされてしまうため注意(ダウンロードが発動するとイカサマはないだろうと考える人も多い)
物理耐久もそれなりにあり、他の物理受けたちはガブリアスに対しては有効打がないためなるべくこちらで受ける(チルタリスがメガ進化していたらそちらでも受けることはできる)

調整や技構成は参考にさせていただいた記事のまま
非常に使いやすく、特に変える必要性も感じなかった
ふつうのポリゴン2のように扱うと技範囲が狭くて厳しい相手もいるため、よく役割対象を考えながら使うことが必要だと感じた





クレセリア@ゴツゴツメット
腕白 浮遊
個体値:31-29-31-×-31-31(厳選産)
実数値:227-89-189-×-150-106
努力値:252-0-252-0-0-4
技:思念の頭突き、スキルスワップ、電磁波、月の光

受けループの物理受け枠
バシャーモ(メガバシャーモ)、メガガルーラ、メガボーマンダなど強力な物理ATを後出しからしっかり受け止める
ヤドランではなくクレセリアにした理由はポリゴン2の時と同様に、物理か特殊かどちらかに特化していない点にある
クレセリアはD無振りでも他の物理受けには真似できない特防の値があり、例えばメガボーマンダにあと投げして特殊型だった!ということが起こっても受け切ることができる

結局採用した個体は前述のくーるじーさんの構築のものと同じ個体になったが、この個体を採用した最大の理由はスキルスワップにある
今猛威を振るっている物理アタッカーの多くは強力な特性を持つ物が多く(親子愛、スカイスキン、力持ちなど)、電磁波からのスキルスワップで安定して受け切ることができるようになる
残りの技2枠は回復技の月の光とワンウェポンということになり、奪うことの多い特性や電磁波とシナジーのある思念の頭突きという形になった
ボーマンダに対しては打点がないが、物理型なら捨て身の反動とゴツメで倒し、特殊相手は電磁波月の光で粘り最終的にポリ2やチルタリスで上をとって倒す

ちなみに「図太い個体とかみんな厳選してるし最悪必要になったら借りればいいやろwww初っ端から腕白厳選しちゃおwww」と考えて厳選したら、とても運が良くすぐに実数値が理想-1の個体が出てきてくれた





グライオン@毒々玉
腕白 ポイズンヒール
実数値:177-116-165-×-122-121
努力値:212-4-36-0-212-44
技:地震、岩石封じ、身代わり、守る

ここまでで面倒なファイアロー、ヒードラン、ギルガルドなどを意識していたらやはりこれまた自然と入ってきてしまった枠

PT単位ではたき落とすに弱い構築になっているので、道具を1度発動させれば安心して後投げできるのは素晴らしい点
しかし、逆に言えば1度毒々玉を発動させないと後投げできないため隙の作りやすいポケモンであった
また、ファイアローの鬼火やヒードランの噴煙、エンテイの聖なる炎なども意識すると初手に出して守るから毒々玉を発動させたい場面は多かったが、裏が後出ししやすいポケモンが多いためその余裕があることも多かった

技構成は基本の身代わり守る+役割対称を意識した地震と封じで確定
努力値振りは初めは封じでメガゲンガーを抜ける程度にSに振ろうとしたのだが、対ヒードランへの後投げを考えるとDを削る余裕がなく、結局元の記事の個体と同じ振り方に落ち着いた

この構築においては身代わり守るを連打することよりも、有利対面を作り地震や封じを打って相手を流し裏に回すといった立ち回りの方が多かった
レートにおいては常にTODの勝ち筋を作れるのも強みであった





ブリガロン@食べ残し
腕白 防弾
実数値:195-127-191-×-95-85
努力値:252-0-252-0-0-4
技:ウッドハンマー、ドレインパンチ、宿り木の種、ニードルガード

ここまでで重い瞑想スイクンや舞うタイプのギャラドス・バンギラスを意識して入ってきた枠
瞑想の起点にならない草タイプの物理型のポケモンを考えていたら他にナットレイやキノガッサなどの候補も上がったが、その中でブリガロンを選んだのはゲンガーへの誤魔化しになることを評価してのもの
鬼火祟り目型や凍える風、挑発などを持ったゲンガーは厳しかったりもするが、特性の防弾によって相手のゲンガーを完封できることもある

技構成はスイクンを殴るためのウッドハンマー、サポートも兼ねた宿り木の種、宿り木と食べ残しの回復も兼ねた守るの上位互換ニードルガード、最後に今作から教え技で習得した格闘打点且つ回復ソースにもなるドレインパンチとした
光合成を採用していないが、宿り木の種と食べ残しによる回復量である程度戦える
ふつうのナットレイみたいな戦い方をしていると思えばわかりやすいかと

使っていて強いのだが、なんか火力も耐久も物足りなさを感じるポケモンであった





ギルガルド@こだわり鉢巻
意地っ張り バトルスイッチ
実数値(盾時):159-112-170-×-170-89
実数値(剣時):159-222-70-×-70-89
努力値:188-252-0-0-0-68
技:シャドークロー、アイアンヘッド、聖なる剣、影うち

今回の地雷枠兼、この構築を受けループ"気味"構築にした所以
この並びからの突然の鉢巻ガルドである

本来はこの枠にはヒードランを入れようかと考えていたのだが、それだとメガルカリオとめざめるパワー地面持ちのメガサーナイトが絶望的に重いことに気づき代わりのポケモンを探していたらこの鉢巻ギルガルドにたどり着いた
A特化鉢巻影うちでH振りメガサーナイトがちょうど確定1発
A特化鉢巻影うちでH振りメガゲンガーが中乱数1発(グライオンの封じ込みで確定)
悪の波動を持っていないメガルカリオからは有効打なし、聖なる剣で確定1発
……強そうな気がしてきませんか?
実際このPTメンツから鉢巻を想定されたパターンはなく、不意の一撃が与えられたパターンも多くとても活躍した

調整は、A特化でちょうどH振りメガサーナイトが確定になるためA特化まで確定
Hを16n-1である159まで下げて残りをSに回した
もっとSがほしいと感じる場面もあれば、シールド時の耐久がほしいと感じる場面もあったためこのあたりの兼ね合いは難しい

他の人曰く、僕のPTはクレセリア、ブリガロン、ギルガルドでゴツゴツメットや食べ残しを取り合っていて誰が何持ってるのかよくわからないという印象を受けるらしい


<PT総評>
構築の6匹すべてを均等に選出していたため、しっかりと役割分担ができた構築を作れたと思っている。しかし、構築単位で倒すことができないポケモンが数匹出てしまった。特にワンチャンスも存在しないレベルなのはエアームドと羽休め持ちハッサムの2匹である。ヒードランを採用せず、チルタリスから大文字を抜いた時点ではっきりとそうなることはわかっていたが、対戦オフにおいてそれらのポケモンは数が少ないと考えて対策を切った。(当日実際には、予選ブロックで1人ハッサムを連れてきていて、案の定何もできずに負けた。)他にも多数厳しいポケモンはいるが、はっきりとした処理ルートが見当たらなくてもごまかしごまかしで多少戦えるのが強みとも考えているため、その点も悪くはなかったと考えている。
チルタリス入り受けループを考えている人は他にも多くいるようなので、そういった方々の構築を参考にしながらよりよい構築を考えていきたい。




以上で今回の構築記事は終わりになります。

次の構築案などはまだ特にありませんが3月の真皇杯予選あたりを目安にまたいろいろと構築を練っていこうと考えています。
1月の終わりにテスト……?ご存じないですねぇ……

それではまたいつかお会いしましょう(*゚▽゚)ノ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

太鼓マリはどのようにケアされてますか?

初歩的な質問で申し訳ありませんが疑問に思ったので質問させていただきました(><)

>>名無しさん

コメントありがとうございます
マリルリに対してはまずクレセリアを後投げします。腹太鼓しないタイプは体力を半分以上削る打点がないので問題なく受け切れます。腹太鼓をされた場合はスキルスワップを選択します。すると、特性の力持ちがなくなるため受けることが出来るようになります。これ以外の処理方法はギルガルドかブリガロンで上をとってることを願い、アクアジェットを耐えながら上から殴るしかありません。
また以上わかるかもしれませんが、クレセリアが上を取られる陽気ASマリルリや毒々持ちの草食マリルリなどは非常に辛いPTとなっております。

質問コメントはいつでも大歓迎ですので、どんどんお願いします!そこから僕が新しく学べることもあるかと思いますので

記事拝見致しました。

とても参考になりました!
そこで質問なのですが、カバルドンの対処はどのようにおこなう感じですか?
チルタリスの毒やポリゴン2のDLからのれいビ等で対処していくのでしょうか、良ければ教えてください!

>>名無しさん

コメントありがとうございます。
カバルドンはおっしゃる通り、ポリゴン2の冷凍ビームやチルタリスの毒々、またはブリガロンの宿り木からのウッドハンマーなどで対抗していきます。ステロあくびをするタイプのカバルドンならグライオンを投げればあくびループには嵌らないので問題ないのですが、ゴツゴツメットを持った怠けるをする物理受けのタイプだと積極的に毒を入れていきたいですね。ただカバルドンはPTの並びからどちらの型か判別しやすいことが多いので、なんとかなっているといった感じです。
プロフィール

badviolist

Author:badviolist
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。